胡蝶蘭の生育方法

仏花や敬老の日の贈答品などとしてもよく使われる、胡蝶蘭という花があります。
一般家庭で育てる事もできるこの花はガーデニングなどでも人気が高い花です。
まずは、この胡蝶蘭の育て方について、簡単な流れを紹介します。


胡蝶蘭を育てる場合は、種から育てるのではなく、鉢植えから育てるのが一般的です。
贈られたものをと育てる、ということからスタートする場合が多いでしょう。
そのため、贈答品用のラッピング等が行われている場合があります。
見た目には美しいラッピングですが、花の生育には良い影響はありません。
特に水分が飛ばずに蒸れてしまうのが問題で、カビが生える原因となります。
カビは胡蝶蘭に限らず花にとっての天敵です。
長雨でもカビが生えて全滅する、ということもあるぐらいですから、湿気には注意を払うようにしましょう。
リボン程度なら残しておいても構いません。


水やりについては、そこまで頻繁に行う必要はありません。
数日に一回程度でも十分です。
勿論乾燥しすぎると枯れてしまいますが、逆に水をやりすぎても根腐れを起こしてしまうため、適度な水やりが重要になります。


室内で育てる場合には、風通しがよく明るい場所を選ぶようにしましょう。
ただし、直射日光が当たる場所だと葉焼けを起こしてしまうため避ける必要があります。
寒さにも強くはありませんので、越冬させる際には温度にも気を使って育てていく必要があります。


これらの条件を満たしても、まだ胡蝶蘭には害虫という病気と害虫という天敵がいます。
この先ではそれらについて紹介します。


<管理人特選サイト>
引越し祝いや出店祝いに最適な胡蝶蘭の通販サイトです ⇒⇒⇒ 胡蝶蘭 通販サイト

Copyright © 2014 胡蝶蘭に害虫がつかないために All Rights Reserved.